バストアップ研究所 ロゴ
このエントリーをはてなブックマークに追加

バストアップを実現するための基本戦略!

悩める女性 バストアップに限らず、身長やルックスなど外見のコンプレックスに繋がる悩みは本人にしかわからないもの。 考えれば考えるほど、辛くなり気分も落ち込んでしまいます。 悩みに思考が行ってしまい、何をしていても楽しくない。。
そのような状態だと、負の循環に陥ってストレスをためてしまい、ホルモンバランスの崩れからますます体型も崩れてしまいます(> <)

まずは、気持ちを落ち着けて、「必ずうまくいく!」と心の中で唱えつつ!楽しくバストアップライフを実践していきましょう! バストアップを実践する上で最も大切なのは今より健康になり、ホルモンバランスを整えることで 女性らしいボディラインを実現することです。
色々な方法がありますが、豊胸手術などは別にしてもほとんどが、これを達成するための手助けです。


とりあえず手軽に初めてみたい人へ

笑顔

何はともかく、今日から実践できるバストアップ方法はどんなことがあるの!という人のために、 簡単に始められるものを纏めてみましょう!

【バストアップに効果的な食事】
医食同源の言葉の通り、バストアップを実現するのも日々の食事から! 食事で胸が大きくなる?そんな馬鹿な!と考えるかたも多くいらっしゃると思いますが、 これは可能なのです。 女性ホルモンの分泌を促す食事を日々の食生活に取り入れることにより、知らず知らずのうちにバストアップを実践することになります。 具体的には「ボロン」という成分を多く含む、キャベツや、大豆イソフラボンを多く含む大豆製品など。 普段日本人がよく食べる食品の中にバストアップを実現する成分が含まれているなんて驚きですね!
たくさん食べるとそれだけ大きくなるの?と思われる方も多いかもしれませんが、大豆イソフラボンを過剰摂取すると生理不順などのリスクが高まりますので 注意が必要です。

キャベツ
食品安全委員会がまとめた「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」では、 1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値を70~75mgとし、そのうち、サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまでが望ましいとしています。 出典 大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の 安全性評価の基本的な考え方(食品安全委員会 )

【バストアップマッサージ】
マッサージはバストアップの基本であり、食事や、サプリだけではなく多くの人が並行して取り入れています。 特に入浴中のバストマッサージはより血の巡りもよくなっており、リラックスした状態で効果が期待できます。 スポーツ選手が筋肉トレーニング中に、「筋肉つけ、筋肉つけ」と心の中で唱えるようにマッサージの際には 「大きくなれ、大きくなれ」と唱えましょう!
思考を伴う行動は潜在意識の中に刷り込まれ、ポジティブな意識により良好なプラシーボ効果を期待できます。

【バストアップサプリ】
飲むだけで始められ、かつ威力が大きいのばバストアップサプリです。 食事やマッサージと異なり手間もかからないのでお手軽ですね。科学的にバストアップに効果があると証明された成分が含まれているものが 多数あります(女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれている!)ので、効果的に取り入れていきましょう!

バストアップサプリ

ただし、楽をしたいという誘惑にかられると、サプリ飲んでいればいいだよね?という発想に陥りがちなのですが、基本サプリ プラスアルファの バストアップを推奨します!
そもそもサプリは薬ではなくて食品と同じ分類です。サプリ依存症という言葉もある通り、一度サプリを利用し始めると 「止めたらどうなってしまうんだろう・・」という恐怖心が芽生えてしまい、必要以上にサプリに頼ってしまう人が少なからずいます。 食事で足りない栄養を補う、という原則のもと適度な量をとるように気をつけましょう!
サプリだけに依存するのは精神衛生上もよくありません!!
バストアップサプリのランキングはコチラがオススメ!普通よりお得に買えます♪ -> バストアップサプリランキング

サイズが大きい人のためのバストケア!
器具はいっさいいらない!自分の手だけでバストアップ
リンク